2014年01月09日

thingCHARGER (Indiegogoの気になるプロジェクト)

(クラウドファンディングの気になるプロジェクトをメモしていきます。正確な情報は元ページでご確認ください)



thingCHARGERはシンプルでエレガントな充電デバイスです。これにより、煩わしいケーブルが不要になります。また複数のthingCHARGERを接続して使うこともできます。
(念のため、デバイスの下にはUSBコネクタが2つついています。)




投資とリワード
$29:
 thingCHARGERを1つ
$87:
 thingCHARGERを5つ
出荷予定:
 2014年の中盤から後半
 
Features
コンセントにかぶせるタイプの充電器です。デバイスの上部にApple 30-pin, Micro-USB, Mini-USB, Apple Lightningの4種類のコネクタ(オス)をセットし、様々なデバイスを充電することができます。Lightningコネクタを含める場合、Appleの認証を受けたチップが必要になるため、9$の追加費用が必要となります。
このデバイスにより本当のワイアレス充電が可能になります(これまでのワイアレス充電では、充電器からかっこ悪いケーブルが伸びていました)。

Development and Production
特殊な技術は使用されておらず、コモディティ化したAC-DC変換器を使用しているだけです。しかしエレガントなプロダクトデザインを持っています。
すでにプロダクトデザインとプロトタイプは完成しており、量産パートナーも決まっています。今後UL certification (USの安全性認証)を通したあとで量産を行い、出荷する予定です。このパートナーはアメリカに存在し、NYの近くに拠点を持っています。

USのコンセントデザインを量産したあと、各国のコンセントに対応する予定です。

Risks and Challenges
資金不足が最大のリスクですが、そうならないように最大限の活動を行っています。
posted by コパン at 08:00| Comment(0) | crowdfunding | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月08日

Iteaduino Lite (Indiegogoの気になるプロジェクト)

(クラウドファンディングの気になるプロジェクトをメモしていきます。正確な情報は元ページでご確認ください)



Iteaduino Liteは世界で最も安いフルサイズのArduinoコンパチブルボードです。送料込みで5$で入手できます。



投資とリワード
$5:
 Early birdの方向けに、送料込みでIteaduinoを一つ
$8:
 Iteaduinoを1つ。送料3$
$60:
 Iteaduinoを10個。送料10$
出荷予定は1月です。

Features
Feature 1
非常に安い価格が最大の特徴です。ATmega328と互換性のある、LGT8F88Aという低価格チップを使うことでこの価格を実現しています。機能的にはArduinoの機能を削っていません。

Feature 2
5Vと3.3Vの電源の両方に対応しています。トグルスイッチにより簡単に切り替えができます。

Feature 3
小消費電力設計です。

Feature 4
さまざまなピンが出ています。

Packaging
低価格を実現するため、1個のIteaduinoを送るときはプチプチ入りの封筒に入れて、送られます。この際、破損を防ぐためにピンはハンダ付けされていません。

Risks and warnings
低価格化のために、郵送にはトラック機能のついていない航空便を使います。そのため、荷物がどこにあるかを出荷後に知ることはできません。また、1月中旬の出荷直後に、中国では旧正月があります。そのため郵送が遅れ手元にデバイスが届くのは3月頃になる可能性があります。DHL出荷のオプションを使えば、ある程度郵送の速さをコントロールでき、トラックもできます。
また、郵送後の返品、交換はできません。ただし、電源・ブート・GPIOアクセス等基本的な機能は量産時に確認されます。

ITEAD studioとは
ITEADは中国の深センを拠点にしています。深センは中国最大の電子マーケットがあり、イノベーティブな製品が日々誕生しています。ITEADは開発を加速させるため、様々なモジュールやプラットフォームを提供する会社です。http://imall.iteadstudio.com/

posted by コパン at 08:00| Comment(0) | crowdfunding | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月07日

Vectr (kickstarterの気になるプロジェクト)

(クラウドファンディングの気になるプロジェクトをメモしていきます。正確な情報は元ページでご確認ください)



Vectrは、Eurorack用の3次元コントロールインタフェースです。このデバイス上での3次元の手の動きを計測することができます。例えばx軸を音量、y軸をピッチ、z軸を変調に設定し、デバイスの上で手を動かすだけで自由に音楽をコントロールすることができます。



投資とリワード
$325:
 Vectrをひとつ

What is Vectr
Vectrは30秒のジェスチャを記録して再生時に使用することができます。スワイプで再生を開始したり、時計回りに手を動かして高速再生、逆時計回りでスロー再生など再生時コントロールもジェスチャで行えます。操作エリアにはLEDがついており、ジェスチャに応じて美しく光ります。また、スワイプや回転など簡単なモーションを検出することができます。

オープンソースなので音楽コントロールのみならず、ロボットやライトの操作など様々な用途にリプログラムすることができます。

How does it work?
このデバイスは電場を発生させ、6つの電極を使って電場の状態を計測します。そして、電場の中の手の動きを計測します。電極は筐体の中に隠されています。また、搭載されているマイクロコンピュータで電場の状態をx,y,zの線形データに変換します。36のLEDを搭載し、それぞれのLEDをビジュアルフィードバックとしてコントロールできます。MIDI-over-USBでMIDIを接続することができます。

集まった資金はプロトタイプ費用、コンポーネントの購入、量産費用として使用します。

Risks and challenges
プロトタイプから製品をつくるにはチャレンジが伴います。センサやその他のコンポーネントのキャリブレーション、部品や回路の不良なども存在します。部品の入手状況によっては、量産スケジュールが変わる可能性があります。



posted by コパン at 08:00| Comment(0) | crowdfunding | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。