2014年01月23日

タンクレスの効率的な給湯器 HEATWORKS MODEL 1(kickstarterの気になるプロジェクト)

(クラウドファンディングの気になるプロジェクトをメモしていきます。正確な情報は元ページでご確認ください)



HEATWORKS MODEL 1は、新しいタイプの給湯器です。古いタイプの給湯器に比べ、エネルギーと水を節約でき、多用途で信頼性の高いデバイスです。また、Wifiやスマートグリッドと連携し、温度や電力量をモニタすることができます。



投資とリワード
$225-350:
 HEATWORKS MODEL 1ひとつ
出荷時期:
 2014年5月

HEATWORKS MODEL 1?
旧来の給湯器に比べ、エネルギーを40%・水を10%節約することができます。これまでのように水道の前で水が温まるのを待つ必要はありません。また、途中でお湯がなくなるということもありません。HEATWORK MODEL 1はお湯の流量を正確・一定にコントロールし、節水に貢献します。
特許取得ずみの技術を使い、効率的に水を暖めることで、即座かつ正確にお湯を必要な温度まで温めます。頻繁にお湯の温度をモニタリングすることで、お湯の温度を一定に保ちます。また、直径6.5インチx高さ12.5インチのコンパクトなサイズですので、小さなキャビネットにも設置できます。

エネルギー省(Department of Energy)はタンク式の給湯器から電気式/タンクレスの給湯器に変えることで年間100$以上を節約できるという試算を発表しています。

HEATWORKS MODEL 1はシャワー1つに十分な温水供給能力を持っています。必要なお湯の量に応じて複数台の設置を検討してください。

また、既存のタンク式の給湯器と直列につなぐこともできます。タンク式の給湯器の場合、まだ温まりきっていないお湯を流さなければならないため、水が無駄になってしまいます。この「まだ温まっていないお湯」をHEATWORKS MODEL 1で更に温めることで、水を無駄に使うことはなくなります。旧来の給湯器はタンクの容量の50%-67%の水を無駄にしていましたが、HEATWORKS MODEL 1を使うことで99%の水を有効に使うことができます。

Why we are different
旧来の給湯器はヘアドライヤーのように、電熱線コイルに電気を流すことでお湯を温めます。この方式はコイルに多大な不可を与えるため、12ヶ月程度でコイルが傷んでしまうことが多いです。また、温水と冷水をスイッチにより切り替える方式のため、不快で安全性が低いです。
HEATWORKS MODEL 1のグラファイト電極は水そのものの抵抗を使って水を温めます。そして、電極が周りの水よりも熱くなるということがありません。これにより長寿命を実現できます。
また、この方式により、水が即時に温まります。他の方式ではあたたまるのに早くとも30秒はかかってしまいます。

Status
2006年から開発・調査を開始し、現在製造機材を手配しています。3月にUL認証試験を行い、4月に製造・5月に出荷を行います。US、韓国、カナダ、オーストラリア、ヨーロッパで特許を取得済みです。他の国でも出願を行っています。

Risks and challenges
すでに数年間開発・テストを行っており、リスクは非常に少ないと考えています。部品や製造機材の調達遅れにより、配送に遅れる可能性はあります。

出展者のサイト
http://myheatworks.com/
posted by コパン at 08:00| Comment(0) | crowdfunding | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。