2013年08月26日

コミュニケーションガジェット「ONTAMA」を作成しました(3) @Engadget電子工作部 with konashi

前回前々回の続きです。

他のグループも素晴らしいものをつくられていました。

DSC_2144.jpg
中二病のかたに贈る、「みかんを剥くときに爪が光り音がなる、"悪魔の爪"」。みかんを剥く体験が非日常に。爪はDMMの3Dプリントサービスで作ったとのこと。

DSC_2141.jpg
外国人の方が来た時に簡単に料理屋さんでコミュニケーションが取れるツール。寿司を触るだけで、自動的に説明音声が流れるオブジェクト。外国人とのコミュニケーションには広く使用できるし、高齢者や身体障がい者とのコミュニケーションにも応用出来るとのこと。

DSC_2136.jpg
子供が歯みがきを嫌がらずにやるための歯ブラシ。歯ブラシに加速度センサが埋め込まれており、磨けば磨くほどiPhone上のゲームが進行していく仕組み。町工場の方がメンバーにいらっしゃって、1週間で型を起こして成形したそう。すごい。クオリティ高すぎ。。ユースケースも本当にありそうで、すぐにでもプロダクトできそう、との講評。

DSC_2149.jpg
ハンガーにアタッチすることで、洗濯物の乾き状況や風の具合をセンシングし、スマホに「そろそろ雨が降るから取り込んだほうがいいよ」「そろそろ乾いたよ」と通知してくれるガジェット。風鈴もついてて素敵。



2日間通じての感想
* こんなにバラエティの高いチームでものを作ったのは初めてで、非常に感動しました。デザイナさんはめちゃくちゃおしゃれな画面デザインをさらっとやるし、ディレクタさんはかっこいいプレゼンをすごい勢いで作るし。工場でガチでものづくりされている方は型を起こして整形したり、アルミ切り抜いたりで素晴らしい外装を作るし。ダイバーシティが高いと良いものがつくれる、とはこういうことか。  ただ、ダイバーシティの高さに加えて、各々に責任・権限が与えられていて、それを最大限活用するということが大事だと思いました。会社とかだと似たようなスキルの人がたくさんいて、そのおかげでリスクを取らず進められるのだけど、どうしても合意形成がおそくなってしまう。一方で、今回のようなチームだと、デザインできる人は1人、回路組めるのは1人みたいな感じだったので、その人の独断で作業が進められる。リスクは高いけど、速い。 フェーズによって使い分けたりすることが大事なのかな、と思いました。
* 「これらプロトタイプからプロダクトに持っていくのが、すごく難しい」とIAMAS小林先生やユカイ松村さんがおっしゃってました。これは本当に痛感しています。プロトは速く安くできるようになってきた時代だとは思うのですが、システムを組み合わせて、さまざまな側面を多くの環境で十分に検証して、サポート体制も作って、販売チャネルも作って、ってしないと、なかなか製品にはなりません。 マス向けのプロダクトはこれらを十分に行う必要が有るためどうしても遅くなってしまいます。一方で、ニッチ向けのプロダクトをつくるベンチャー企業が速く製品を生み出しています。 うーん、プロトタイプとプロダクトの溝・マスプロダクトとニッチプロダクト/プロトタイプの溝をうまく埋める方法があればいいのになあ、ともやもやしています。
* Objective Cも回路設計もjavascriptもデザインも、できるようになりたいなあ。みんなすげえ。

posted by コパン at 01:08| Comment(0) | Make | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。