2012年05月20日

KiDS (Keio innovative Design School)の公開ワークショップに参加しました - ブレストファシリテーターとして

5/20(日)に慶応大学日吉キャンパスで行われたKiDS (Keio innovative Design School)の公開ワークショップに参加しました。

KiDSの公開ワークショップのページ
 http://www.sdm.keio.ac.jp/news/2012/05/10-081407.html

■KiDSって?

オープンKiDSとは慶応大学システムデザイン・マネジメント研究科(SDM)が主催されているワークショップで、今回が第1回目です。SDMは複雑な状況に対してシステムズ・エンジニアリング / デザイン思考のアプローチで取り組んでいくための方法を教える、ちょっと変わった大学院です。スタンフォードd.schoolや東大i.schoolとも協業しているとのこと。
ちょっとしたご縁でKiDSの先生方とお知り合いになり、今回はスタッフとして参加させていただきました。参加者の方は学生・企業勤務・NPO勤務・自治体勤務・大学の先生等さまざま。様々なバックグラウンドの方が集まって、みんなでブレストの練習を行いました。

■本日のおしながき

ざっくりとした内容は
1. 自分たちのチームの名前をブレストしてみよう
2. 何をリ・デザインしたいかブレストしてみよう
3. どのようにリ・デザインするかブレストし、まとめよう
4. スキット(寸劇)を行って、自分たちの考えをみんなに伝えよう
と盛り沢山でした。これを初対面の人集めて3時間でやるとか、すごい。。結構無茶なスケジュールな気もしたのですが、参加者の方が非常にポジティブ・クリエイティブで思いもよらない意見がたくさん出てきました。

■雑感

僕はいくつかのテーブルをうろうろしながらアイデアを伺ったりしてたのですが、メーカーやSW設計者の中からでは出ないようなアイデアがたくさん出てとても感動しました。いやぁ。みんなすごいなぁ。と。
最後のスキットも準備時間10分程度の厳しいスケジュールの中、どのチームもとても楽しく伝わりやすい演技を披露されていました。

今回説明されたスティッキーノートをつかったブレスト・プロトタイプ(スキット)や、次回以降の講義で行われるシナリオグラフ・レバレッジポイントの見つけ方などは、アジャイルな開発・ゲームストリーミングともつながるものだと思っています。今回の参加者の積極性の高さ、クリエイティビティの高さに、僕も頑張らなければならないなあと思いました。

また、無料勉強会に最近よく参加していますが、裏方として参加したのは初めてでした。このような勉強会はスタッフの皆さんの活動によって成り立ってるのだなあと実感しました。会場設営・受付・機材準備・突発的な問題への対応・片付け・ふりかえりなど。感謝。

前野先生によるKeio SDMの紹介及び本日のワークショップの資料は以下です。
http://lab.sdm.keio.ac.jp/idc/kids/maeno_kids_20120520.pptx


posted by コパン at 22:33| Comment(0) | agile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。