2012年02月19日

ADKハッカソンに参加してきました

itogさん主催のAndroidアプリ開発者のためのADKハッカソンに参加してきました。(温泉とか、社内開発イベントとか、もくもく入ったことあるけど)はじめてのハッカソンだったので、いろんなことが新鮮でした。面白かったところを中心にメモメモ。

■チームぎめ
ハッカソンは見知らぬ人たちがチームを組んで短い時間でソフトウェアを作るイベントです。集まる方々のコンピテンスや興味、モチベーションも違うので、どうやってチームぎめをするのか興味がありました。今回は、開始前に各自4人テーブルに座ってたので、「いまからチームぎめをします」「すでに座ってるテーブルのメンバでよくね?」「おk」という感じで、ざっくりとチーム分け。僕のチームはお互いがお互いを全員知らないメンバ(4人)でした。

■アイディアソン
まずは何を作るか決めます。僕はADKを触ったことがあったのですが、ADK初めてな方が多かったのとウェブが得意な方がおおかったので、「ネットワークを使ったゲーム」を作ることにしました。誰もが知っている分かりやすいゲームということで「あっち向いてホイ」をつくることに。

■ハッカソン
ADKとの通信部分・ロジック/Activity/View・ネットワーククライアント部分・ネットワークサーバ部分の4つに分けて開発開始。僕はADK部分を担当しました。実質的な開発時間が5時間ほどしかなく、そのなかでそれなりのものを作りきらなければならないということで結構焦って設計・実装をしていました。まずざっくりAPIを決めて、そのAPIに従って実装していたのですが、仕様や設計を詰める時間がなかったこともあり、十分に意思疎通が出来ていなかったり汚い実装になることがあり。僕の部分が動かないと何も面白くないこともあり、結構なプレッシャーでした。
でも、こういう経験って貴重だと思います。いやあ、プログラミングしてる感はありました。

■結果発表
なんとか自分の部分は作れたのですが、あっち向いてホイロジックエンジンとつなげると動かず。。デバッグしているうちに時間切れでした。パワーポイントを準備する時間もなかったので、ホワイトボードで発表(これはこれで好評だったようですが。。)少し悔しい結果となりました。

adk.jpg
できあがったもの(ハードウェア部)


■感想
・時間がないなかで初対面の人と、企画/設計/実装までできたのはいい経験でした。
・APIを決めるのはとても大事。特に時間がない状態/バックグラウンドが違う人と開発するときは。
・ADKのデモボード用のfirmwareとハードウェア構成を流用したのはよかったです。
 ほんとうに面白いのはハードのとこだと思うのですがそこやってたらもっと時間なかった。
・ウェブ屋の人の技術を学べなかったのは残念。ADKの技術を彼らに伝えられなかったのも残念。
・ADKを生かしたもの・ADKじゃなきゃ作れないものを考えるって、結構難しいです。
・でも、ADK楽しいです。


posted by コパン at 23:22| Comment(0) | android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。