2014年01月07日

Vectr (kickstarterの気になるプロジェクト)

(クラウドファンディングの気になるプロジェクトをメモしていきます。正確な情報は元ページでご確認ください)



Vectrは、Eurorack用の3次元コントロールインタフェースです。このデバイス上での3次元の手の動きを計測することができます。例えばx軸を音量、y軸をピッチ、z軸を変調に設定し、デバイスの上で手を動かすだけで自由に音楽をコントロールすることができます。



投資とリワード
$325:
 Vectrをひとつ

What is Vectr
Vectrは30秒のジェスチャを記録して再生時に使用することができます。スワイプで再生を開始したり、時計回りに手を動かして高速再生、逆時計回りでスロー再生など再生時コントロールもジェスチャで行えます。操作エリアにはLEDがついており、ジェスチャに応じて美しく光ります。また、スワイプや回転など簡単なモーションを検出することができます。

オープンソースなので音楽コントロールのみならず、ロボットやライトの操作など様々な用途にリプログラムすることができます。

How does it work?
このデバイスは電場を発生させ、6つの電極を使って電場の状態を計測します。そして、電場の中の手の動きを計測します。電極は筐体の中に隠されています。また、搭載されているマイクロコンピュータで電場の状態をx,y,zの線形データに変換します。36のLEDを搭載し、それぞれのLEDをビジュアルフィードバックとしてコントロールできます。MIDI-over-USBでMIDIを接続することができます。

集まった資金はプロトタイプ費用、コンポーネントの購入、量産費用として使用します。

Risks and challenges
プロトタイプから製品をつくるにはチャレンジが伴います。センサやその他のコンポーネントのキャリブレーション、部品や回路の不良なども存在します。部品の入手状況によっては、量産スケジュールが変わる可能性があります。



posted by コパン at 08:00| Comment(0) | crowdfunding | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[Tips] Arduinoで割り込みを使って高速なループをまわす。

Arduinoで割り込みを使って高速なループをまわしてみました。

下記のようなかんじ。


ループの速度はTCCR2BとOCR2Aで調整する。
TCCR2Bはプレスケーラの値で、クロックを何分割するかを決める。
参考:http://awawa.hariko.com/chira-ura/atmega168-chapter17-jp.html#table17-9
OCR2Aは比較レジスタ。1クロックで1インクリメントされるカウンタが、このレジスタに登録されている値と等しくなった時にISR(TIMER2_COMPA_vect)の中に記載されている処理が呼び出される。

例の場合、プリスケーラを1024に設定。Arduino Nanoの場合16000KHzで動いており、
0から1023までインクリメントされるとイベントが発生する。
16000kHz/1024=15.6kHz1。
カウンタは256カウントでオーバーフローし、割り込みが発生する。
256/15.6 = 16.4ms。
つまり、16.4ごとに関数が呼び出される。
プリスケーラや比較レジスタの値を小さくすることで、より頻度の高い関数呼び出しが可能になる。

posted by コパン at 00:01| Comment(0) | Make | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。