2012年04月13日

深センのMaker Faireの展示の様子のこと - MakerFaire Shenzhen(2)

前回の続きです。

今回のMaker Faireは深センにあるF518という建物で行われました。ここはスタートアップがたくさん入っているインキュベーション施設的なもののようです。

DSC_1409.JPG
なぞの形をしたビル。

DSC_1414.jpg
そのとなりにF518がある。

DSC03338.JPG
いろんなおぶじぇがかざってあって、

DSC_1417.jpg
Maker Faire発見!


会場は1フロア+物販会場+ワークショップエリアという感じでした。出展していたのは30団体くらいでしょうか。我々も含め、海外の団体も多いようでした。日本からはSIPropなみなさん、VStoneさん、ココナッチなみなさん(?)など。あとMTMでよく見かけるDangerous Prototypeなど、ファンキーな西洋人の方々。

DSC_1437.JPG
Makerに配られたプレート。MTMよりもリッチな感じ!

DSC03321.JPG

DSC03338.JPG
会場はこんな感じ。

DSC03253.jpg
このひと、MTMにもいた!

DSC03297.jpg
VStoneさん。ロボットやライントレースカーなどを展示してました。

DSC03282.JPG
ココナッチ。こちらもMTMで有名。

DSC03247.jpg
@hirotakasterさんと@noritsunaさんのマシン。脳波でロボットをコントロール。


ほかにもいろんなものが。マイコン系・ロボット系が多かったような気がします。また商品として完成されて売られているものも多かったように思います。ベンチャーキャピタルの人がプレゼンしてたり、投資家っぽい人がうろうろしてたり、やたらみんな名刺交換してたり、技術展示会的な側面が強かったのかもしれません。これからもっと、われわれがだしたようなばかばかしい物が増えるのかなぁ。

DSC03333.jpg
テスラコイル。動いていなかったけれど。

DSC03267.JPG
定番のArduino山積み。

DSC03259.JPG
PicベースのArduino(?)

DSC03133.jpg
文字が読めないおばあちゃんのために作った電話。人の顔写真を押すだけで電話を掛けることができる。すばらしい。

DSC03149.JPG
温泉卵作成機

DSC03159.JPG
3Dプリンタを使って作成した物体。ギアが咬み合っているので、ひとつ回すと全部のコンポーネントが回る。

DSC03262.JPG
LEDで照らすことによって時間を表現する時計。これも素晴らしい。

DSC03255.JPG
鉛筆で書かれた図をなぞることによって、スピーカから出る音が変化する。

DSC03265.jpg
自分の声に反応して、胸のハートが光る!キットが売ってたので思わず買っちゃいました。

DSC03272.jpg
3Dプリンタ。5万円位で売ってました。やすい!

DSC03275.JPG
クモ型マシン。

DSC03284.JPG
iOS / AndroidからBT経由で操作できるロボット。

DSC03286.JPG
光についてくるロボット。教育用のロボットキットかな。

DSC03289.JPG
こちらはレゴ的な物。

DSC03290.JPG
電子工作の教科書。

DSC03296.jpg
Make本もうってました。

次回は、われわれの展示について。
続く
posted by コパン at 02:06| Comment(0) | Make | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。